つらかったメンタルその後の変化

FX

専業2ヶ月目にしてかなりつらい..という話を以前書きましたが、その後のメンタルの変化について今日はお話したいと思います。

全然勝ててないのにアメリカへ

8月末で会社を辞め、9月10月でがっつり稼いで11月からアメリカ旅行へ~という計画を立てていたのですが、10月逆にがっつり負けてしまうという事態になってしまいかなり落ち込んでいました。

それでも旅行の手配はもう済ませていたので予定通り11月14日から息子が住んでいるLAへ旅立ちました。

専業になったんだし、と奮発して飛行機はビジネスクラスに乗っちゃいました。

ビジネスクラスに相応しい自分になるぞ、という思いも込めて。

席も食事もサービスもめちゃくちゃよかったです 😀

でも勝ててないトレーダー。。カードの引き落とし日が怖い。。と心の片隅で思ってました。

物価が高い!

アメリカも地域によって違うと思いますが、まーLAは物価が高い。

昔と比べて(10年以上前に住んでた)Gas代、外食費=Tipもいるし、腕時計の電池交換しただけで$65も取られたし(ボラれたんかな?)とにかくなんでも高いイメージ。

食品なんかはものによっては安いけどスーパーでSaleになってるのは2個買うと1個フリーとか、5個買うと安くなるとか、そんなにいらないし!ってものが多かったw。

そしてそんなことに敏感になってしまうのも定収入がないせいなのかなって思ってしまいました。

私収入ないのにこんなにお金使って大丈夫?とか焦りみたいなものがあって、でも息子にそんなことは言えないし、やばいやばいと時差ボケだけではない理由で眠れなかった日がたくさんありました。。

これってホメオスタシス?

定収入がないのはもちろん不安だけど、そのリスクを取って時間の自由を得るために会社を辞めたのに、ここにきて会社勤めをしてる人ってすごいな、定収入があるっていいなという気持ちがでてきてすごく戸惑いました。

え、なにこれ?なんでそんな気持ちになる?って感じでした。

旅行中で普段と違う生活だったのもあると思いますがとにかく不安で、トレードもそんなメンタルで全然勝てませんでした(トレード自体もできてませんでしたが)。

でもそのうち「これってホメオスタシスのせいなんだろな」って思い出したんです。

ホメオスタシスとは人間が持つ恒常性維持機能のこと。

無意識下で「今のままの自分」を保とうとする機能です。

今まで何十年も仕事をして定収入を得るのが当たり前、として生活してきた私のホメオスタシスが働いてるんだ~と。

これを乗り越えないと変化しないぞっ!て少しずつメンタルを整えていきました。

まずは今の生活に感謝、喜びを感じる

こうやって1ヶ月もアメリカに来られて、息子と過ごせて普段はできないこと一緒にできてなんて幸せなんだろうと素直に感じるようにしました。

それは会社辞めたからできてることじゃん、この選択は間違ってないよと。

今住むところがあって、ごはんも食べられて、生きていくのに必要なお金もある。

どーしてもだめだ!ってなったらまた働けばいいんだし、と軽く考えるようにしたら少しずつトレードも勝てるようになってきました。

きっと専業になった直後は ”稼がなきゃ!” と気持ちが先に立ってしまって、そういう時って勝てないんですよね。

とにかく欲張らず、1日分のご飯代稼げればいいや~ぐらいの気持ちでトレードしてました。

するとメンタル的にどんどん落ち着いてきて、毎日楽しくなってきて(*^O^*)、トレードも安定してきました。

きっかけはカニトレーダーさん

FX攻略.comの記事にでてたカニトレーダーさんのインタビュー記事。

メンタルの安定で8割の問題は解決する、それには「自分のメンタルが乱れない取引枚数」を知ることが大事というのを読んで1トレードのLotを下げてみたんです。

いままではポジション取ったらドキドキ。。レートが動くたびにキャーキャー心の中で叫んでたのが、Lotを下げることで冷静にみられるようになり自分のトレードができるようになりました。

カニさんありがとうございました。

トレードって本当にメンタル大事です!

コメント